デジカメプレス

デジカメのお役立ちテクニックやツールの紹介

オートで使えるのに純正の4分の1で買えるストロボ「YN600EX-RT」

      2016/01/20

ストロボを扱えてこそ一眼レフユーザーの証!

一眼レフカメラは実際触ってみると簡単にきれいな写真が撮れます。ある程度の写真なら初めて触る初心者でもほんとに簡単です。

しかし、ある一定程度を超えるとアイデアや技術、さまざまなカメラ以外のアクセサリーを駆使しないと良い写真は撮れません。そのひとつとして、一眼レフカメラをせっかく持っているなら是非ストロボを使ったライティング撮影にチャレンジしてみてください。

 

純正クリップオンストロボの種類

クリップオンストロボは光のパワーの違いで各メーカーいろんな機種があります。

キヤノン

  • スピードライト 600EX-RT
  • スピードライト 430EX III-RT
  • スピードライト 320EX
  • スピードライト 270EX II
  • スピードライト 90EX

ニコン

  • スピードライト SB-5000
  • スピードライト SB-910
  • スピードライト SB-700
  • スピードライト SB-500
  • スピードライト SB-300

ペンタックス

  • オートフラッシュ AF540FGZ II
  • オートフラッシュ AF360FGZ II
  • オートフラッシュ AF201FG
  • オートストロボ AF200FG

ソニー

  • HVL-F60M
  • HVL-F43M
  • HVL-F32M
  • HVL-F20M

 

安いのにフラグシップモデルと同等の「YN600EX-RT」

(販売サイトより)

  • YN600EX-RTは送信機機能をサポートしており、同時にYN600EX-RT、キヤノン600EX-RTを制御することができ、リアルタイムに受信機のグループ情報とコールバック情報を表示することができます。
  • YN600EX-RTは受信機機能をサポートしており、別々にYN600EX-RT、YN-E3-RT、キヤノン600EX-RT/ST-E3-RTの無 線信号を受信することができ、TTL、M、GRフラッシュを実現できます。他のスピードライトより、GRフラッシュモードもサポートします。YN-E3- RT、キヤノン600EX-RT、ST-E3-RTの無線信号を完全互換できます。
  • ラジオスレーブフラッシュ機能をサポートしており、Sc、Sn、S1、S2トリガモードをサポートしております。特別な音声プロンプト機能が付きますので、使用者は集中して撮影ができます。音声プロンプト機能をオフにすることもできます。
  • ZOOMボタンを押すことにより、スピードライトの焦点距離が24~105mm中に変化することができます。2.4GHz高出力ワイヤレス スピードライトはM/Multiフラッシュモードをサポートしています。 •シャットダウン時は、スピードライトのパラメータ設定を自動保存しますので次回の使用の際にも大変便利です。

要するに、キヤノン「スピードライト 600EX-RT」のコピー品です。

ストロボのガイドナンバー(パワー)も遜色なく、耐久性だけが不安ですが安いので練習には持ってこいです。

YN600EX-RTの仕様

 

メーカー YONGNUO
型番 600EX-RT
対応カメラ Canonデジタル一眼レフカメラ
フラッシュインデックス 60(ISO 100、200mm)
フラッシュモード TTL、M、Multi、GR
トリガモード カメラトップ、TX、RX、Sc、Sn、S1、S2
ライトズーム範囲 20、24、28、35、50、70、80、105、135、200mm
チャンネル 16
回転角 垂直回転:-7~90°、水平回転:0~360°
電源 AA電池×4
点灯時間 100~1500倍(AAアルカリ電池を使用している時)
リサイクル時間 約3s(AAアルカリ電池を使用している時)
色温度 5600K
フラッシュ時間 1/200s~1/20000s
フラッシュ制御 8レベル出力制御(1/128~1/1)、29レベル微調整
インターフェース ホットシュー、PC、充電インタフェース
動作範囲 感光リード点滅モード 屋内は約20~25m、屋外は約10~15m
2.4Gワイヤレスモード 最大は約100m
他の機能 マスターフラッシュ、ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ、露出ブラケット、露出ロック、ストロボヘッドズーム、音声プロンプト、PCシンクロナス、省電力モード、過熱保護、設定自動保存
本体サイズ 約205×78×62mm 約690g
セット内容 スピードライト×1、保護バッグ×1、ミニスタンド×1、マニュアル(英語&中国語)×1

 

「YONGNUO」の他の製品

ストロボを無線コントロール「YN-E3-RT」

ファームアップでα7などで使用できるなどの情報もあります。(やる場合は自己責任でお願いします。)

マニュアルストロボだがパワーは申し分ない!「YN560 III」

動きモノでなくスタジオなどでのポートレートや物撮りなどに最適です。

純正にはない光スレーブ機能も搭載しているのでスレーブ用(サブ)としてなど人気です!

動画撮影やストロボが難しいとい方に人気の撮影用LED照明「YN-600L II」

ライティングをしての撮影は定常光が楽です。動画撮影の際はファン音が気になるのでカメラとは少し離す必要がありパワーが不足するので2台あれば活躍します!

 - ストロボ , ,