デジカメプレス

デジカメのお役立ちテクニックやツールの紹介

記録メディアのスペックは調べましたか?一眼レフにオススメのカードの選び方

   

データを記録する記録メディア、機種によってSDカードやCFカード最近ではXQDカードなどいろいろあります。カードの種類はカメラ本体にあったものを選択し、他に選ぶポイントとしては「容量」と「速度」です。

 

記録メディアの容量

JPGで撮影する場合

1枚の写真が8MB、1000MB = 1GB、1000GB = 1TBと仮定して

4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
500枚 1,000枚 2,000枚 4,000枚 8,000枚
128GB 256GB 512GB 1TB 2TB
16,000枚 32,000枚 64,000枚 125,000枚 250,000枚

JPG撮影の場合はこれを目安に最適なものを選んで下さい。

連射を使いながら運動会を撮影するなら16GB以上をオススメします。しっかり選んで撮影できる方なら16GBで十分足りますが、カメラまかせに連射を使いすぎるとカード容量が不足するかもしれません。

RAWで撮影する場合

1枚の写真が32MB、1000MB = 1GB、1000GB = 1TBと仮定して

4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
125枚 250枚 500枚 1,000枚 2,000枚
128GB 256GB 512GB 1TB 2TB
4,000枚 8,000枚 16,000枚 31,250枚 62,500枚

RAW撮影の場合はこれを目安に最適なものを選んで下さい。

RAW撮影する場合は1枚あたりのデータ量が大きくなる為、最低でも16GB以上をオススメします。

 

記録メディアの速度

記録メディアの転送速度

転送速度はデータの取り込みに影響します。たくさん撮影してPCの取り込む際、遅いカードだと20分くらいかかるものが、速いものだと瞬時に取り込みを終了します。

記録メディアの書き込み速度

1枚撮影したあと次に撮影できるようになるまでの時間や、書き込み速度は連射時の連続撮影可能枚数に影響します。

 

記録メディアの選び方

記録メディアを選ぶ際に注目すべき点は「容量」と「書込速度」です。書込速度の速いカードを選べば必然的に転送速度も速くなります。

オススメ記録メディアスペック

  • 容量16GB以上
  • 書込45MB/s以上

高速連写を多用する方は書込60MB/s以上の記録メディアにして下さい。

容量 転送速度 書込速度
【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)トランセンド
TS32GSDHC10U1
32GB 90MB/s 60MB/s
サンディスク Sandisk CF Extreme 16GB 120MB/s UDMA7 800倍速 SDCFXS-016G 海外パッケージ品SANDISK
SDCFXS-016G-X46
16GB 120MB/s 60MB/s

 - 周辺機器 , , , ,