デジカメプレス

デジカメのお役立ちテクニックやツールの紹介

大手2社がソニーに追撃なるか?!3社フルサイズミラーレスのチェックポイント

   

長らくフルサイズミラーレスカメラといえばソニーのα7シリーズでした。

ソニーは2013年11月15日に世界初のフルサイズミラーレス機「α7」と「α7R」を発売し5年も先行している市場です。

 

そしてついにニコンが2018年8月23日に「Zシリーズ」。キヤノンが2018年9月5日に「EOS R」を発表しカメラ大手メーカーが後追いでフルサイズミラーレスに参戦しました。

 

後追い、しかも大手がどんなシステムを発表したのか?
ゲームチェンジャーとなり得る製品の発表であったのか整理していきたいと思います。

「各メーカー現行機種一覧」

  • キヤノン EOSR
  • ニコン Z7、Z6
  • ソニー α9、α7III、α7RIII、α7SII

それぞれの価格

EOS R EOS R ボディ  256,500円

(販売予定価格)

 2018年10月下旬
 Z7 nikon_z7  393,660円

(価格コム9/6時点)

 2018年9月
 Z6 nikon_z6  245,430円

(価格コム9/6時点)

 2018年11月下旬
 α9 ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9  367,462円

(価格コム9/6時点)

 2017年 5月26日
 α7RIII ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3  298,000円

(価格コム9/6時点)

 2017年11月25日
 α7SII ソニー デジタル一眼カメラ「α7SII」ボディ ILCE-7SM2  220,899円

(価格コム9/6時点)

2015年10月16日
 α7III ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3  217,818円

(価格コム9/6時点)

 2018年 3月23日

レフ機ユーザーはどれを買う?

キヤノン、ニコンのミラーレスはマウントが変更になったため、システムとしてスマートにカメラを所有するならレンズも全て買い換えることになると思います。

「なぜ?!」

ミラーレスではバックフォーカスが短くなったため、従来に比べて同じ性能なら小型軽量なレンズを製造することが可能です。

「バックフォーカス」

無限遠時に後玉からセンサーまでの距離

これはメリットが大きいはず!

  • 荷物が軽くコンパクトなる (ボディーもレンズも軽く!)→「もう一つレンズ持ってでかけようか?!」飛行機で移動する場合に軽量化は大きなメリット
  • ムービーリグなどオプションパーツを沢山装着するシステムではレフ機より軽くできる

などなど、

ミラーレスにはEVFなどレフ機と比べてメリットがたくさんありますが、マウント変更が一定レベルでキヤノンニコンユーザーを解き放ちます。

 

これを機会にフルサイズミラーレスを検討される方は、今所有しているメーカーにとらわれず冷静にどの機種が良いのか?自分に適しているのか?メーカーを変えることも検討した上で購入されるといいと思います。

 

各社の特色と傾向

一眼レフ時代からの特色や傾向です。フルサイズミラーレスでソニーが一気にシェアを伸ばしましたが、まだまだカメラユーザーはキヤノンやニコンが多いのが現状です。

キヤノン

  • EFマウントレンズはバリエーションが豊富
  • レンズ側のコントロールリング (RFレンズ)
  • 最近は発売初期価格が高い傾向
  • 一眼レフは世界一
  • 大手メーカーなのでサードパーティ製品が活発に発売される

 

ニコン

  • Fマウントレンズはバリエーションが豊富
  • Zマウントは非常に大口径になった (Fマウント46.5mmに比べてZマウントは55mmに)
  • 大手メーカーなのでサードパーティ製品が活発に発売される

 

ソニー

  • レンズバリエーションがが少ない
  • 早くから個性的なハイテクなマシンを出している (ハイテクすぎて個性的すぎて使いにくいことも)
  • 新レンズの発売ペースが遅い
  • サードパーティーの対応が遅い (EOS R、ニコンZもしばらくは厳しいはず)

 

大手2社が新システムで出てきたので先行のソニーが優位なようにも見えますが、今後のペースによってはあっという間にフルサイズミラーレスのシェアは変わると思います。カメラ事業の大きさが全然違うので。

画質という点では今や高性能になりある程度飽和しているので使い勝手の部分や使いたいレンズのあるメーカーを選ぶと良いと思います。

【参考】2018年上半期 カメラシェア

  レンズ交換式 一眼レフ ミラーレス コンデジ
キヤノン 46.8% 56.5% 34.6% 35.6%
ニコン 21.9% 43.4% 33.3%
オリンパス 13.7% 28.0% 2.1%
ソニー 12.7% 27.5% 10.5%
パナソニック 3.7% 7.6% 1.0%
富士フイルム 1.1% 2.3% 3.8%
リコー 5.2%
カシオ 8.4%

 

 

キヤノンEOSRを選ぶ理由

  • コントロールリング
  • マルチファンクションバー
  • ピーキングガイド
  • ローライトAF
  • RF28-70 f2
  • 最大手である実績

※デメリット

  • 記録メディアがシングルスロット (プロ機としては厳しい)
  • HD120fps動画撮影時AF不可
  • 4K動画撮影時クロップ

 

ニコンZ7もしくはZ6を選ぶ理由

  • 58mm  f0.95ノクト
  • ピーキングスタック
  • (XQDカード)メリット?デメリット?
  • センサーシフト式ボディ内手ぶれ補正
  • 大手である実績

※デメリット

  • 記録メディアがシングルスロット (プロ機としては厳しい)
  • FHD120fps動画撮影時クロップ(Z7)

 

ソニーを選ぶ理由

  • 機種ラインナップの豊富さ
  • フルサイズミラーレス用設計のレンズの豊富さ
  • フルサイズミラーレス先行企業
  • NXシリーズなどビデオカメラでの実績
  • 記録メディアのデュアルスロット機種(α9、α7III、α7RIII)
  • センサーシフト式ボディ内手ぶれ補正

※デメリット

  • 高速読み出しはα9のみ

 

使い勝手が良い!安心して使える!

性能比較も楽しいですが、あくまでもカメラは道具です。

撮影シーンを想定して使い勝手が良いか?デザインが好きだ!など気持ちよく使用できるものを選ばれると良いと思います!

またの機会には性能比較など部分部分を切り取った比較もしてみたいと思います。

 - カメラ本体 , , , , ,